分散投資でリスクを低減

FX会社 取扱い
通貨ペア数
手数料(片道) デイトレ
手数料
割引
オススメ度 詳細
外為オンライン240 円無料外為オンラインの詳細
GMOクリック証券180 円無料GMOクリック証券の詳細
SBIFXトレード120 円無料SBIFXトレードの詳細
LION FX500 円無料LION FXの詳細
FXトレード・フィナンシャル380 円無料FXトレード・フィナンシャルの詳細
DMM FX200 円無料DMM FXの詳細
マネーパートナーズ130 円無料マネーパートナーズの詳細
ひまわり証券290 円無料ひまわり証券の詳細
みんなのFX160 円無料みんなのFXの詳細
マネックスFX130 円無料マネックスFXの詳細
外為ジャパン150 円無料外為ジャパンの詳細
GMOクリック証券(くりっく365)260 円無料GMOクリック証券(くりっく365)の詳細
楽天FX220 円無料楽天FXの詳細
ライブスター証券240 円無料ライブスター証券の詳細
IG証券780 円無料IG証券の詳細
インヴァスト証券(くりっく365)260 円無料インヴァスト証券(くりっく365)の詳細
FXブロードネット240 円無料FXブロードネットの詳細
FXブロードネット365(くりっく365)260 円無料FXブロードネット365(くりっく365)の詳細
松井証券90 円無料松井証券の詳細
FXプライムbyGMO140 円無料FXプライムbyGMOの詳細
アヴァトレード・ジャパン520 円無料アヴァトレード・ジャパンの詳細
DMM.com証券1500 円無料DMM.com証券の詳細
JFX210 円無料JFXの詳細
パートナーズFX nano80 円無料パートナーズFX nanoの詳細
マネックス証券120 円無料マネックス証券の詳細
FX会社 取扱い
通貨ペア数
手数料(片道) デイトレ
手数料
割引
オススメ度 詳細

FX会社を取扱通貨ペア数で比較する際のポイント

FX会社を取扱い通貨ペア数で比較しています。(当サイトでの人気上位25社)

日本人はクロス円(外貨と円)のFX取引が多いですが、対応する通貨ペアが多ければ、外貨同士の取引などで稼いだり、為替レートの動きが異なる(相関係数)通貨ペアを組み合わせることで、リスクを分散させることもできます。

ただし、マイナー通貨であまり日本に情報が入ってこないような国の通貨は、判断基準が乏しくなり、それだけリスクコントロールが難しくなると考えられます。

最近は、高金利が理由で南アフリカランドやトルコリラでのFX取引が人気です。長期運用でスワップ金利による収入を見込むスワップ派の人は、これらの通貨を取扱っているFX会社から選ぶのもよいでしょう。

また、最近はアジア圏の発展に伴い、韓国ウォンや人民元、シンガポールドル、香港ドルなどの通貨にも注目が集まりつつあります。

ピックアップFX会社

みんなのFXみんなのFX
手数料無料、完全信託保全など業界最高水準の条件!取引システムはFONOX系でカスタマイズができ見やすく、安定性のある高機能な取引ツールと好評です。携帯電話はもちろんiPhoneなどスマートフォンでの取引にも対応。