外貨為替取引をより低コストで!

◆タイプの説明
変動 ⇒ 常時変動しており指標発表時などに拡大する場合がある
固定 ⇒ 「固定」もしくは「原則固定」とされている(※絶対拡大しないわけではない)
準変 ⇒ 指標発表時などにやや拡大する場合がある(もしくは1〜3銭など上限が決められている、一部の通貨ペアのみ固定など)

▼スプレッドが狭い順に並び替え

FX会社 タイプ スプレッド
(米ドル/円)
手数料(片道) 人気度 詳細
GMOクリック証券固定0.3銭0 円GMOクリック証券の詳細
YJFX!準変0.4銭0 円YJFX!の詳細
みんなのFX準変0.3銭0 円みんなのFXの詳細
LION FX固定0.3銭0 円LION FXの詳細
外為オンライン固定1銭0 円外為オンラインの詳細
FXトレード・フィナンシャル変動0.7銭0 円FXトレード・フィナンシャルの詳細
DMM FX準変0.3銭0 円DMM FXの詳細
マネーパートナーズ準変0.5銭0 円マネーパートナーズの詳細
ひまわり証券準変1銭0 円ひまわり証券の詳細
外為ジャパン準変0.7銭0 円外為ジャパンの詳細
GMOクリック証券(くりっく365)変動1銭0 円GMOクリック証券(くりっく365)の詳細
楽天FX変動0.5銭0 円楽天FXの詳細
ライブスター証券準変0.6銭0 円ライブスター証券の詳細
FXブロードネット変動0.3銭0 円FXブロードネットの詳細
FXブロードネット365(くりっく365)変動1銭0 円FXブロードネット365(くりっく365)の詳細
松井証券変動1銭0 円松井証券の詳細
FXプライムbyGMO固定0.5銭0 円FXプライムbyGMOの詳細
JFX準変0.3銭0 円JFXの詳細
パートナーズFX nano変動6銭0 円パートナーズFX nanoの詳細
マネックス証券変動2銭0 円マネックス証券の詳細
FX会社 タイプ スプレッド
(米ドル/円)
手数料(片道) 人気度 詳細
※スプレッドは為替相場の状況により変動する場合があります。

FX会社をスプレッドで比較する際のポイント

FX会社をスプレッドで比較しています。(当サイトでの人気上位25社)
⇒主要通貨ペアのスプレッド比較一覧はこちら

スプレッドとは、FX会社が提示する買値(アスク)と売値(ビット)との差額のことでFX業者の利益となる部分です。

このスプレッドの数字が小さいほど、ユーザーにとってはコストが安くなります。スプレッドは通貨ペアによって異なりますし、FX会社によっても違います。

スプレッドの単位としてpipsという単位が用いられますが、pipsとは取引レ−トの最小単位で、例えば米ドル/円でいえば1pipsは最小単位の1銭になります。

日本人の場合は米ドル/円、ユーロ/円など、円と外貨(クロス円)のFX取引をする人が多いので、FX会社によっては「スプレッド3銭!」などはじめから「銭」の単位で表記するところも多いです。

スプレッドはドル/円の場合、普通は5pipsぐらいです。3〜4pipsだと少し安いかな、というイメージです。中にはスプレッド0や、1pipsというところもあります。

しかしFX取引にかかるコストは取引手数料+スプレッドのトータルで考える必要があります。

ピックアップFX会社

みんなのFXみんなのFX
手数料無料、完全信託保全など業界最高水準の条件!取引システムはFONOX系でカスタマイズができ見やすく、安定性のある高機能な取引ツールと好評です。携帯電話はもちろんiPhoneなどスマートフォンでの取引にも対応。