銀行に預けて損をしていませんか?

手数料が安くてお得!

例えば、多くの大手銀行の外貨預金は1万ドル買うのに手数料が1万円かかります。

それがFXでは、1万ドル買うのにかかる手数料は0円〜500円程度。FXは外貨預金に比べ圧倒的に手数料が安いことがわかります。

FXは稼げるチャンスが2倍

外貨預金は外貨を「買う」という金融商品なので、購入した外貨が円高になっていく局面では、ただ損するだけになってしまいます。

それに対し、FXは外貨を「買う」か「売る」どちらからでも取引ができます。だから円安に動く局面でも、円高に動く局面でも、利益を得られるチャンスがあります。

ハイリスク・ハイリターンな投資もできるFX

FXはレバレッジをきかせることで、証拠金の何倍もの外貨を取引できるので、少ない資金で大きなリターンを得ることが可能です。(リスクもその分大きくなります。)

外貨預金はレバレッジ1倍でFX取引するのと同程度のリスクになります。それだけでも手数料の差を考えればお得ですね。

FXは売買のタイミングが自由(満期がない)

外貨預金は、基本的に満期が来るまで保有する外貨を売買できません。

FXは自分の好きなタイミングで保有する外貨を売買することができます。デイトレのように短期売買もできれば、よい為替レートで購入できたポジションをずっと保有しておくこともできます。

FXは為替相場の動向によって売買のタイミングが決められる自由度が高い、ということです。

FXは税金がお得になる場合もあり

外貨預金は「利息(金利)」と「為替差益」それぞれに対し別に税金を計算するので、もし為替差損が生じても、利息に対する税金は払わなければなりません。

それに対し、FXは利息(スワップ金利)と為替損益の合算に対して税金を計算するので、もしトータルで損失だった場合は税金は0円です。