外為取引の脱税が問題に!

FXで儲けたら納税の必要がある?

FX取引で得た利益が20万円を超えたら、サラリーマンでも確定申告をして税金を払わなければなりません。

最近は、FXで大きく稼いだにもかかわらず申告しない脱税がニュースなどで取り上げられていますね。税務署も監視を強化し始めているそうです。確定申告ってよくわからないし、面倒だから申告しなかった、なんてことがないようにしましょう。

税金はいつ払う?

その年の1月1日から12月31日までを期間として税金の額を計算し、翌年のだいたい2月16日から3月15日まで(年により多少前後する)に確定申告、納付をします。

FXにかかる税金の対象は?

「為替損益」と「スワップ金利」で確定した利益が税金の対象となります。ポジションを保有中で未決済の含み益や含み損は課税対象にはなりません。

FXにかかる税金の税率はどのくらい?

くりっく365も非取引所での相対取引(いわゆる普通のFX)も税率は同じです。
※2011年の税制改正より2012年以降はくりっく365と同じ税制(申告分離課税)に一本化されました。

◆税率⇒損益の大小にかかわらず一律20.315%
※2013年1月1日以降、所得税に2.1%の復興特別所得税が課税されています。

事前にどのくらい税金がかかるのかおおまかに計算しておいて、税金を払う分のお金を残しておく必要がありますね。

FXの課税方法

申告分離課税
給与など他の所得とは分けて(分離して)税金を計算するもの。損失は3年間繰り越すことができ、翌年以降に利益が出た場合そこから損失を差し引くことができます。

FXで税金の節税方法はある?

必要経費を計上・申告すれば税金を節税することができます。

FX取引で経費にできるものはそう多くはありませんが、筆記用具代、セミナー費、セミナー会場までの交通費、情報収集として書籍代、ネット取引ならプロバイダ料・パソコン(減価償却費)・周辺機器、新聞代などです。

もちろんFXに関係のないものは経費として認められません。また領収書やレシートをきちんと整理・保管(5年間)しておかなければなりません。

※このページの内容は執筆時点の情報です。税制改正などにより変わっている場合がありますので、確定申告する際には国税局のサイトなどで最新の情報を確認してください。