クリック365と店頭取引の違いは?

公的な取引所による安心取引

くりっく365ロゴ

じつはFX(外国為替証拠金取引)の取引の大部分は、非取引所での相対取引によって行われています。

FXは金融商品としての歴史が比較的浅いこともあり、取引ルールや取引環境も業者によって異なる場合があります。

そこで投資家を守るために登場したのが「くりっく365」です。くりっく365は東京金融先物取引所が、FXの透明性、公正な取引所の提供を目的として開設した公的市場です。

くりっく365のメリット1:証拠金の保護

通常のFXの場合、証拠金を預けていたFX業者が破綻してしまったら、証拠金の全額もしくは一部が戻ってこない可能性はゼロではありません。(信託保全されていても、全額信託でない場合、必ずしも全額が戻るとは限りません。)

くりっく365では、FX業者は証拠金の全額を取引所に預託する義務があり、預託された証拠金は取引所が分別・保管するので、万が一FX業者が破綻しても証拠金は原則的には全額戻ってきます。

くりっく365のメリット2:保有ポジションを他社に移管できる

安全性のために、これが最大のメリットとも言えます。万が一ある業者が破綻しても、ポジション未決済のままで決済の利益を確定したり、他の業者にポジションを移管することができます。店頭取引の場合はこれができないので、せっかくいいポジションを保有していても、取引業者が倒産したら泣く泣く決済するしかありません。(それすらできない可能性も・・・。)

くりっく365のメリット3:取引条件が比較的よい

手数料こそ無料ではありませんが、スプレッドはインターバンクと同等の価格(狭いスプレッド幅)なので、店頭取引のFXにひけをとらない低コストでの取引が可能です。またスワップ金利も一本値で、店頭取引と比べてもわりと高スワップです。

⇒くりっく365のデメリット

⇒くりっく365FX業者の比較